困った時のカードローン

結婚して4年目の会社員の男です。結婚してからカードローンを利用するようになりました。私がカードローンを利用するようになったきっかけやその活用方法をこれからお伝えしたいと思います。

まずきっかけというか理由なのですが、妻がお小遣いをくれないからです。仕事帰りに同僚と飲みに行く機会や歓送迎会など、ある意味必要経費の要素を含んだ出費であっても、私の妻はお小遣いをくれません。その為結婚してから職場や友人関係での付き合いは悪くなりました。しかし、ある程度社内での立場が変わってくると毎回毎回断る訳にもいきません。他にも趣味や遊びなど、どうにかして妻に内緒でやりくりできないか、色々考えた結果としてカードローンを利用するようになったのが始まりです。

全くお小遣いが無い訳ではないのですが、急な誘いに臨機応変に対応できるという意味でカードローンは非常に使い勝手が良く、重宝させてもらっています。支払方法も複数の選択肢から選べるので、例えばボーナス月や利用額が多くない時は一括払い、利用額が多い月は分割払いなど、お小遣いが少ない私でも計画的に利用する事で家計(私のお小遣い)への負担を柔軟にコントロールできる点もカードローンのメリットだと思います。

また、あくまで私の場合は妻に内緒だというのが前提条件です。そういった恐妻家を持たれているサラリーマンの方は多いのではないでしょうか。今はネットで全ての申し込みなどのやりとりを完結できるので、奥様に内緒でカード利用する事も十分可能です。利用明細など全てホームページ上でのものだけですので、家に郵便物が届く事はありません。他にも、私の場合は結婚前に作った銀行口座を引き落とし口座にしていて、かつ年に一回まとまった金額のお小遣いをボーナス時にもらうという約束を妻としているので、秘密の口座と返済原資があるので、カードローンを利用しても妻にバレる事はほぼないのです。

いざという時に頼れるカードローンを作っておくとピンチに助かります。

ポイントがたくさんもらえるセディナカードKCカードで普段の支払いをするとお得です。

少々ずる賢い利用方法の紹介になってしまいましたが、工夫?次第ではサラリーマンの強い味方になるのがカードローンだと思います。